札幌の行政書士。建設業許可・宅建業免許・法人設立・経営革新計画・補助金申請・各種認証取得・起業支援など

行政書士について

行政書士って何をしている人?baggi

必ずといっていいほど、よく聞かれる質問です。

行政書士って何? その質問に対して型どおり答えると、「官公署(役所)に提出する書類、その他権利義務等に関する書類を作成、申請の代行をする人」となります。行政書士という資格は国家資格となりますので、「行政書士法」という法律に、業務が規定されています。

でも、この文章を読んで、一体どれだけの人が「具体的な仕事」のイメージを持てるでしょうか?

世の中には簡単なものから難しいものまで、嫌になるほど様々な手続があります。しかし、社会構造が複雑になり、社会制度を公平円滑に進めるためには、手続は欠くことのできないものというのが現実です。

すべての手続というものは、法律等に基づき、手続を必要とする誰かができるように設計されています。しかしながら、慣れた手続であればまだしも、これまでやったことのないことをやらなくてはいけないというのはとても不安なことだと思います。

専門家というのは、そういったときのために存在します。いわゆる「士業」という、「○○士」というように名称の最後に「士」がつく専門家は、世の中の様々な手続のお手伝いをする専門家です。

誰でもイメージしやすいのは、裁判といえば弁護士、税金といえば税理士、あたりでしょうか。他にも士業というと、司法書士、社会保険労務士、土地家屋調査士、そして行政書士、などがあります。どれも聞いたことはあっても、具体的な仕事内容についてはわからないというのが実際のところでしょう。

行政書士とは、こんな仕事をしています。

たとえば、

「会社を作りたいけれども、どういう手続をしたらいいのかわからない」

「会社を作ったけれども、営業許可の取り方がわからない」

「会社を買収したいけれども、どうしたらよいのだろうか」

「残念だけれども会社を廃業したい。どのように進めたらいいのだろうか」

「息子に会社を継がせたいけれども、どのように準備をしたらいいのだろうか」

「外国人を雇いたいけれども、どうしたらいいのかわからない」

「補助金の申請をしたいけれども、書き方がわからない」

「相続の手続をしたいのだけれどもやりかたがわからない」

「遺言を作りたいけれども、自分だけで作るのが不安だ」

「内容証明郵便を送りたいが、これで合っているのだろうか」

etc・・・

行政書士とは、日常の様々な手続について、「どうしたらいいの?」に答え、「どうやってやればいいの?」のお手伝いをするのが仕事です。

tel01

toiawase

行政書士プロフィール

 

145

 

【シティ行政法務事務所】

代表 藤永誠一郎

 

事務所案内

 

tel02

 

time2

 

【事務所アクセス】

 

 

eria
 

citygrop

弁護士法人

シティ総合法律事務所

シティ行政法務事務所

シティ不動産コンサルティング

 

 

ご利用可能なクレジットカード

→料金表はこちら

 

 

toiawase-s

 

PAGETOP