札幌の行政書士。建設業許可・宅建業免許・法人設立・経営革新計画・補助金申請・各種認証取得・起業支援など

NPO法人(特定非営利活動法人)

npo-l NPO法人とは、Non-Profit(非営利の)Organization(団体)の略であり、 様々な活動によって社会的な使命の実現を目指す団体のことを指します。

日本語での正式名称は「特定非営利活動法人」となります。

非営利というとボランティアと思われがちではありますが、その活動の範囲は広く、柔軟な活動を行うことができます。

ニーズはあるけれども行政や営利企業では対応できないようなサービスに目を向け、活動を行っていくときに活用できる法人格です。

NPO法人の設立要件と流れ

NPO法人を作るには、団体の活動目的が法律で定められた20分野の非営利事業の1つ又は複数に当てはまる必要があります。

  1. 保健、医療又は福祉の増進を図る活動
  2. 社会教育の推進を図る活動
  3. まちづくりの推進を図る活動
  4. 観光の振興を図る活動
  5. 農山漁村又は中山間地域の振興を図る活動
  6. 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
  7. 環境の保全を図る活動
  8. 災害救援活動
  9. 地域安全活動
  10. 人権の擁護又は平和の推進を図る活動
  11. 国際協力の活動
  12. 男女共同参画社会の形成の促進を図る活動
  13. 子どもの健全育成を図る活動
  14. 情報化社会の発展を図る活動
  15. 科学技術の振興を図る活動
  16. 経済活動の活性化を図る活動
  17. 職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
  18. 消費者の保護を図る活動
  19. 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動
  20. 前各号に掲げる活動に準ずる活動として都道府県又は政令指定都市の条例で定める活動

そして、以下の1~8の要件すべてを満たす必要があります。

・社員の資格の得喪に関して、不当な条件を付さないこと。

・役員のうち報酬を受ける者の数が、役員の総数の3分の1以下であること。

・宗教の教義を広め、儀式行事を行い、及び信者を教化育成することを主たる目的とするものでないこと。政治上の主義を推進し、支持し、又はこれに反対することを主たる目的とするものでないこと。

・特定の公職の候補者若しくは公職にある者又は政党を推薦し、支持し、又はこれらに反対することを目的とするものでないこと。

・暴力団ではないこと。また、暴力団又はその構成員若しくは暴力団の構成員でなくなった日から5年を経過しない者の統制の下にある団体ではないこと

・当該申請に係るNPO法人が10 人以上の社員を有するものであること

・各役員について、その配偶者又は3親等以内の親族が1人を超えて含まれないこと。また、各役員とその配偶者又は3親等以内の親族が、役員総数の3分の1を超えて含まれないこと。

※役員が5人以下の場合、配偶者もしくは3親等内の親族(親・祖父母・兄弟姉妹)は役員になることができません。

NPO法人は設立までに非常に時間がかかります。おおよそ4~6か月はかかりますので、計画的に設立を目指さなくてはなりません。
設立までの流れは以下のようになります。

① 団体の結成(所轄庁への事前相談)
② 設立総会
③ 設立認証申請→受理
④ 書類審査(1か月未満)
⑤ 書類審査(4か月以内に認証・不認証の決定)と同時に公告(縦覧期間2か月)
⑥ 認証後2週間以内に法人登記
⑦ 設立登記完了届提出

なお、NPO法人は設立時に登録免許税も不要であり、設立に際してのお金はあまりかかりません。

tel01

toiawase

行政書士プロフィール

 

145

 

【シティ行政法務事務所】

代表 藤永誠一郎

 

事務所案内

 

tel02

 

time2

 

【事務所アクセス】

 

 

eria
 

citygrop

弁護士法人

シティ総合法律事務所

シティ行政法務事務所

シティ不動産コンサルティング

 

card03

ご利用可能なクレジットカード

→料金表はこちら

 

 

toiawase-s

 

PAGETOP